下級国民!?新立文子容疑者と下山真子さんの今後は?刑務所行き?賠償は?旦那は?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

新時代を迎えて世間はおめでたいモード一心で10連休を開けた矢先に、いたたましいニュースが飛び込んできましたね。

昨日から、テレビを付ければ滋賀県大津市の事故の報道が止みません。

8日午前、衝突した車2台の1台が「レイモンド淡海保育園」の2~3歳の園児13人、保育士3人の列に突っ込んだ事故で、2名の幼い命が奪われました。

大津署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、2台を運転していた新立文子容疑者<と下山真子さん2人を現行犯逮捕しています。

しかし下山さんは、過失の度合いが低いとされ、昨夜釈放されたので『容疑者』から『62歳の女性』という呼び名に変わりました。

平成最後に東京・池袋で大事故を起こした飯塚元院長が犯した罪と同等な今回の事故ですが、無能な一般人であるが故に2人の加害者はあえなく御用という結末を迎えてしまったのです。

そこで今回は「下級国民!?新立文子容疑者と下山真子さんの今後は?刑務所行き?賠償は?旦那は?」と題しまして、新立容疑者と下山さんの今後についてや2人の夫について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

新立文子容疑者と下山真子さん今後や賠償について

新立容疑者の逮捕容疑は午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の滋賀県道交差点で前方確認が不十分なまま乗用車で右折し、対向車線を直進してきた下山さんの軽乗用車と衝突、衝撃で軽乗用車を歩道に乗り上げさせ、散歩中の園児らを死亡させけがを負わせた疑いが持たれています。

双方ともに、買い物から帰る途中で「信号は青だった」と説明しています。

新立容疑者は「前をよく見ていなかった」、下山さんは「左にハンドルを切って(右折してきた)車をよけた」との趣旨の話をしているそうです。

最終的に、下山さんのハンドルさばきによって2人の尊い命を奪ってしまったのですが、下山さんはとんだ災難に見舞われたある意味、被害者です。

現場の状況から、間に合わずにぶつかったとみられるようですが、スピードも法定速度内であったことから、何の落ち度もないわけですね。

ですが、結果的に2人を殺めてしまったという世間からの非難に今後悩まされると思います。

一方で新立容疑者ですが、ケガもなくピンピンしていることから、自分が直接はねたわけではないと安堵感に包まれているかも知れませんが、今後は“茨の道”が待っていると想像は硬くないでしょう。

まず、交通刑務所への入所はないと思います。

なぜならば、直接死亡させたわけではないなどといった過失度合いが少ないという見方が強いからです。

では、解放された新立容疑者ですが、今後は遺族への償いが待ち構えています。

弁護士によって、賠償金を請求されることになるでしょうが、時間が経過すると、人間は自己防衛にかられます。

2人の命はお金では買い戻せませんが、謝罪の方法はこれしかないのです。

実際、億単位の金額を請求され「うちにはそんなカネはない」「直接ひいたのは私じゃない」「あんなところを散歩させていた保育園が悪い」などと反論することだけはやめて頂きたいです!

今後は自分の非を認め、下級国民である自分自身を恨み生きている限り全身全霊で償うことを切に願います。

新立文子容疑者と下山真子さんの夫は?

52歳である新立容疑者ですが、無職と発表されています。

まだ、年金支給前の年齢なると、当然同居者の収入で生活していることとなりますね。

調べてみると、配偶者や家族の情報はまだないようです。

同じく、下山さんの家族情報もありませんでした。

報道でも、住所が大方公開されていることから、詳細判明までは時間の問題です。

よって分かり次第、更新していきますね。

まとめ

今回は「下級国民!?新立文子容疑者と下山真子さんの今後は?刑務所行き?賠償は?旦那は?」と題しまして、新立容疑者と下山さんの今後についてや2人の夫について追ってみましたがいかがでしたでしょうか?

今回の大事故は、新たな歴史とともに刻まれたいたたましい惨事となってしまいました。

2歳の命はあまりにも幼過ぎますし、死因の結果が、脳内出血や大動脈と心臓の心破裂とのことで、痛々しい状況を想像するだけで涙が出てきます。

また、意識不明の男の子がもう一人いますが、どうか無事に助かって欲しいです。

尊い命にご冥福をお祈りいたし、今回はここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です