茨城古河市 幼児監禁容疑で21歳の父親逮捕!名前と年齢や住所は?母親も共犯?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

先ほど入った信じがたいニュースをお伝えします。

1歳と2歳の子どもを監禁状態にして自宅に置き去りにして外出したとして茨城・古河署は、保護責任者遺棄と監禁の疑いで、古河市の無職男性を逮捕しました。

男性は、被害に遭った幼児の父親です。

この父親は、どういう動機で我が子を監禁したのでしょうか。

そこで今回は「茨城古河市 幼児監禁容疑で21歳の父親逮捕!名前と年齢や住所は?母親も共犯?」と題しまして、古河市の幼児監禁事件で逮捕された父親の名前と年齢や住所についてや母親も共犯なのか追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

古河市の幼児監禁事件で逮捕された父親の名前と年齢や住所は?

逮捕容疑は今月11日、自宅の寝室に2歳の長女と1歳の次男を置き去りにして父親が外出。

その際、寝室の出入り口の引き戸に外側からテープを貼るなど開閉を困難にして、子どもたちが外に出られないよう監禁した疑いが持たれています。

動機や外出の目的など、詳しいことが明らかになっておりませんが、いかなる理由があったとしても絶対に許されない行為であります。

ましてや、最近は気温も上昇し、熱中症や脱水症状の危険性も否定できません。

おそらく幼児は2人ともオムツを着用している年齢です。

あまりにも残酷な行為に今後の捜査が注目されています。

母親も共犯?

当然、幼児には母親がいるわけですが、その母親については詳細が判明していません。

同居、別居していたのかも不明です。

ですが、この様な事態になったこと自体、母親にも何か責任があったと思われます。

こちらに関しては、情報が公開次第、追記していきます。

追記

まとめ

今回は「茨城古河市 幼児監禁容疑で21歳の父親逮捕!名前と年齢や住所は?母親も共犯?」と題しまして、古河市の幼児監禁事件で逮捕された父親の名前と年齢や住所についてや母親も共犯なのか追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

子どもへの残酷な虐待は後を絶ちません。

その背景には、甘すぎる罰則が原因とも言われています。

無責任な親に限っては極刑を与えるべきではないでしょうか。

それではここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です