戸谷一夫の息子や家族・自宅と略歴は?出身高校は岐阜栄光学園なの?

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

2018年に大騒ぎになった文部科学省をめぐる汚職事件

まだ記憶に残っている方も多いと思います。

東京医科大学の文科省前局長の佐野太被告の汚職事件、そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる接待汚職事件と次々に明らかになりましたね。

この汚職事件を受けて、東京医科大学の理事長と学長が辞任していて、9月20日には次の学長として林由紀子教授が女性で初めて選ばれるという事も話題になっていました。

そして同日9月20日に、文部科学省の戸谷一夫(とだにかずお)事務次官が、これらの汚職事件の責任をとって辞職することも明らかになりました。

林由紀子さんが東京医科大学の学長になるという発表と同じ日に戸谷一夫事務次官の辞職も発表とは何か関係があるんでしょうか…。

戸谷一夫事務次官がどんな人物なのか調査してみました。

そこで今回「戸谷一夫の息子や家族・自宅と略歴は?出身高校は岐阜栄光学園なの?」と題しまして、文部科学省の戸谷一夫事務次官の息子や家族・自宅と略歴は?出身高校は岐阜栄光学園なの?という事について迫ってみました。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

戸谷一夫(文部科学省事務次官)息子や家族・自宅と略歴は?

このように文部科学省の戸谷一夫事務次官が辞職いう事で、ネット上でも大きな話題になっています。

7月に明らかになった文科省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕されたのは前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者でした。

自分の息子を東京医科大学に入学させることを条件にして、「私立大学研究ブランディング事業」を斡旋したという事でしたね。

その他宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる接待汚職事件では、JAXA理事だった文部科学省前国際統括官の川端和明容疑者、医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司容疑者がそれぞれ起訴されています。

今や文部科学省というと、この事件のせいで悪いイメージの方が大きいという方も多いのではないでしょうか。

このイメージを払拭するべくなのか、一連の汚職事件の責任を取る形で辞職することになったのが文部科学省の戸谷一夫事務次官。

改めて、文部科学省の戸谷一夫事務次官とはどういう人物なのか調査してみました。

まず戸谷一夫事務次官のプロフィールについてです。

名前:戸谷一夫 (とだにかずお)

生年月日:1957年2月3日

年齢:61歳

出身地:岐阜県

自宅:神奈川県横浜市?

職業:文部科学省の事務次官

出身高校:栄光学園?

学歴:東北大学工学部原子核工学科卒業

戸谷一夫事務次官の自宅は神奈川県横浜市?との噂がありました。

その噂の出どころは、どうやら横浜市や川崎市でよく走っている都市交通タクシーを頻繁に使っていた…という事からのようです。

東京ではなく、神奈川県に自宅がある可能性は高そうですね。

続いて、文部科学省の戸谷一夫事務次官のこれまでの素晴らしい略歴(経歴)についてWIKIから引用させて頂きました。

1980年:東北大学工学部原子核工学科卒業

1980年:科学技術庁に入省

1989年-1992年:パリの経済協力開発機構原子力機関に勤務。のち、同庁原子力局調査国際協力課国際原子力協力企画官、科学技術振興局研究基盤課長等を歴任

2000年-2002年;宇宙開発事業団ロサンゼルス駐在員

2003年1月:文部科学省研究振興局ライフサイエンス課長

2004年7月:内閣府参事官(原子力担当)

2006年7月:文部科学省大臣官房会計課長

2008年7月:文部科学省大臣官房審議官(高等教育局担当)

2009年7月14日-2012年1月5日:日本原子力研究開発機構理事

2012年:文部科学省研究開発局長

2013年7月:同省官房長

2015年8月4日:文部科学審議官

2017年1月20日:文部科学事務次官

2017年3月:文部科学省における再就職等規制違反に関して厳重注意処分の懲戒処分を受けた

2018年7月:文部科学省科学技術・学術政策局長事務取扱兼務

そして戸谷一夫事務次官の息子や家族、嫁(妻)に関しても調査してみましたが、今のところ詳しいことは判明していませんでした。

ですが、今回の汚職事件の責任をとって戸谷一夫事務次官が辞職するという事ですから、息子や家族、嫁(妻)についての情報ももしかして特定されるかもしれません。

ここまで注目を浴びてしまったわけですから…。

この他の詳しいことが分かり次第こちらで追記していきます。

戸谷一夫の出身高校は岐阜の栄光学園なの?

戸谷一夫事務次官の事を調査してネットで「戸谷一夫」と検索すると、「出身高校 岐阜 栄光学園」などという言葉が出てきます。

これは文部科学省の戸谷一夫事務次官の出身高校がどこなのか気になっている方が多いという事の表れですね。

今回の汚職事件の責任をとって辞職する戸谷一夫事務次官の出身高校はどこなのか調査してみました。

今のところはっきりしているのは、最終学歴が東北大学工学部原子核工学科卒業という事。

出身高校が栄光学園というのは確定ではなく噂のようで、公式には発表されていません。

もしも戸谷一夫事務次官が本当に栄光学園出身だとすれば、栄光学園は偏差値75もある超~エリート高校です。

ただ、栄光学園は神奈川県鎌倉市大船にあるんですよね。

岐阜の栄光学園というのは間違いかもしれません。

ただ、戸谷一夫事務次官の出身地が岐阜県なので、どこかで混同してしまったのかもしれないですね…。

ここまで文部科学省の汚職事件が大きくなってしまい、そして汚職事件の内容が明らかになるごとに信用はダダ落ちです。

戸谷一夫事務次官の辞職によって、すこしでも何かが変わるのでしょうか…。

文部科学省の戸谷一夫事務次官について、何か詳しいことが分かり次第こちらへ追記していきたいと思います。

まとめ

今回は「戸谷一夫の息子や家族・自宅と略歴は?出身高校は岐阜栄光学園なの?」と題しまして、文部科学省の戸谷一夫事務次官の息子や家族・自宅と略歴は?出身高校は岐阜栄光学園なの?という事について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

東京医科大学の文科省前局長の佐野太被告の汚職事件、そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる接待汚職事件と次々に明らかになりました。

この汚職事件を受けて、東京医科大学の理事長と学長が辞任していて、9月20日には次の学長として林由紀子教授が女性で初めて選ばれるという事も話題になっていました。

そして同日9月20日に、文部科学省の戸谷一夫(とだにかずお)事務次官が、これらの汚職事件の責任をとって辞職することも明らかになりました。

文部科学省の戸谷一夫事務次官辞職によって、何か変化が起きるのでしょうか。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

▼こちらも読まれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です