林由起子(東京医科大学)中学・高校と出身地は?評判と評価がヤバイ!

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

2018年7月に女性差別問題が明らかになった東京医科大学

まだ記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

東京医科大学の医学部医学科の一般入試において、女子の受験生の得点を一律に減点したり、裏口入学の受験生に加点…などなどの不正が明らかになりあの頃は毎日のように東京医科大学のニュースが流れていたように感じます。

女性は出産などで産休育休をとったり、退職して東京医科大学の医師不足につながるから…という理由で女子受験生の得点を下げていたという信じられない事件でした。

女性を敵に回してしまったといっても過言ではないかもしれません。

この事件を受けて、東京医科大学の理事長と学長が辞任。

そして東京医科大学の悪いイメージを払拭する狙いがあってだと思うのですが、次期学長には初めて女性が起用されることに!

次期学長に選ばれたのは、東京医科大学病態生理学が専門の林由起子教授です。

林由起子教授は評判ダダ落ちの東京医科大学のイメージを回復する事はできるのでしょうか。

林由起子教授の顔画像はすでに公開されていて、美人な女医さんというかんじです!

とてもお若く見えてしまうほど!!

そこで今回「林由起子(東京医科大学)中学・高校と出身地は?評判と評価がヤバイ!」と題しまして、林由起子教授(東京医科大学)の中学・高校と出身地はどこ?評判と評価がヤバイって本当なのか?という事について迫ってみました。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

林由起子(東京医科大学)中学・高校と出身地は?

(出典:https://www.fnn.jp/posts/00365270HDK)

このようにあの東京医科大学で初めての女性の学長が選出されたという事で、ニュースやネット上でもとても大きな話題になっています。

7月に明らかになった文科省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕されたのは前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者でした。

さらに、東京医科大学の入学試験で、女子の受験生を一律に減点していたという不正も明らかになりました。

女性差別問題にまで発展してしまった東京医科大学。

今や東京医科大学というと、この事件のせいで特に女性の間では、悪いイメージの方が大きいという方も多いのではないでしょうか。

このイメージを払拭するべく次期学長に選出されたのが東京医科大学、病態生理学を専門とする林由起子教授!

林由起子教授は、9月19日に行われた東京医科大学の学長選で小児科の男性主任教授とともに新学長の候補になりました。

その結果、過半数以上の支持を得て新しい学長に選ばれたとの事です。

東京医科大学側は「女性だから選ばれたわけではない」とコメントしているようですが、絶対にイメージアップ効果も兼ねての事だと思います!

林由起子教授は上の顔画像をご覧いただいてもお分かりの通り、かなり美人さんです♪

林由起子教授の年齢も調べてみましたよ!

これから東京医科大学の再生に向けて、林由起子教授の責任は重大ですね!

そこで林由起子教授の出身地、中学、高校など学歴や生い立ちについて調査してみました。

名前:林由起子 (はやしゆきこ)

年齢:56歳?(おそらく50代です)

住所:東京都?

職業:医学博士

学歴:1986年東京医科大学卒業

経歴:順天堂大学脳神経内科医員→順天堂大学脳神経内科→国立精神・神経センター神経研究所 疾病研究第一部研究員→1995年医学博士(順天堂大学)→国立精神・神経センター神経研究所 疾病研究第一部室長→東京医科大学 病態生理学分野 主任教授→東京医科大学病院遺伝子診療センター 副センター長

こちらが、現時点で分かっている林由起子教授のプロフィールと経歴になります。

林由起子教授の学歴について、今のところ判明しているのは1986年に東京医科大学を卒業されているとの事。

出身地や中学、高校などの情報は特定されていませんでした。

林由起子教授のFacebookやツイッター、インスタグラムなどのSNSがあれば詳しい事も掲載されているかも…と思い検索してみましたが、ご本人のアカウントは発見できませんでした。

ですが、今回東京医科大学で初めての女性学長、さらに汚職事件、女性差別問題で揺れた後の学長となることで、林由起子教授が一気に注目を浴びる事は間違いないでしょう。

さらに林由起子教授はかなりの美人さんですしね!!

林由起子教授の学歴や生い立ちについて判明するのももうすぐなのでは…と期待しています。

はっきりとした事が分かり次第、追記していきたいと思います。

林由起子教授(東京医科大学)の評判と評価がヤバイ!

(出典:http://www.tokyo-med.ac.jp/med/course/15.html)

林由起子さんが東京医科大学の新しい学長に正式に就任するのは、25日の理事会で承認されてからだそうです。

東京医科大学では女性の学長は初めてとの事で正式に決まったらさらに注目を集めそうですし、とても期待されそうですね!

女子受験生の得点を一律で下げていたという不正入試が明らかになった東京医科大学。

東京医科大学の評判はかなり落ちていると思われますので、次期学長は本人の評判も重要です!

学長選を勝ち抜いた林由起子教授の評判や評価はどのような感じなのか調査してみました。

●優しい先生で、雰囲気もいい。学長が実際に何をするのか知らないから、何とも言えないですけど、いいんじゃないかな

●女性がそういう立場に立つことは、すばらしいと思います。入試の差別もなくなっていくんじゃないか

●女性だからというよりも、研究もしっかりされていて、学内でも評判のスマートな人。クールな人柄で、バシッとものを言うタイプ

●無能な理事が多すぎる。しがらみがないので、理事会を改革してくれる人だと思う。

(出典:https://www.fnn.jp/posts/00365270HDK)

と、このように東京医科大学の学生がコメントされていました。

林由起子教授の評判や評価はかなりいいみたいですね!

東京医科大学初の女性学長というのは、少なからずとも女性に対するイメージアップという事も含まれていると思うのは当然です。

ですが、どうやら林由起子教授はイメージアップという事だけで選出されたのではないようです。

お飾りではなく、しっかりとした実績もあり発言もできて東京医科大学を改革できる人という事で選ばれたようですよ!

林由起子教授のこれからがとても楽しみですね♪

まとめ

今回は「林由起子(東京医科大学)中学・高校と出身地は?評判と評価がヤバイ!」と題しまして、林由起子教授(東京医科大学)の中学・高校と出身地はどこ?評判と評価がヤバイって本当なのか?という事について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

2018年7月に大騒ぎになった東京医科大学の汚職事件。

東京医科大学の医学部医学科の一般入試において、女子の受験生の得点を一律に減点、裏口入学の受験生に加点…などなどの不正が明らかになったのは衝撃的でした。

女性差別問題に揺れた東京医科大学、女性からの評判はダダ落ち…。

次期学長に選ばれたのは、東京医科大学病態生理学の林由起子教授!

東京医科大学初の女性学長というのは、少なからずとも女性に対するイメージアップという事も含まれていると思うのは当然です。

ですが、どうやら林由起子教授はイメージアップという事だけで選出されたのではないようです。

東京医科大学を改革できる人として評判や評価もかなりいい林由起子教授のこれからが楽しみです!

きっと林由起子教授の学歴や生い立ちについても、詳しい情報が入ってくるのは時間の問題だと思います。

林由起子教授が女性初の学長となるのは。9月25日の理事会の後、正式に就任される予定との事。

林由起子教授の詳細な情報については、後ほど追記していきたいと思います!

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

▼こちらも読まれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です