新型肺炎で東京ディズニーランドとシーが休園!いつまで?前売りチケット払い戻しは?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

新型コロナウイルスは猛威を奮わせ、全国各地で異例の対応が尽くされています。

本日、千葉県浦安市のオリエンタルランドは28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、運営する東京ディズニーランド東京ディズニーシーを29日から3月15日まで臨時休園すると発表しました。

そこで今回は「新型肺炎で東京ディズニーランドとシーが休園!いつまで?前売りチケット払い戻しは?」と題しまして、新型肺炎の影響で休園を発表した東京ディズニーランドとシーはいつまで休園なのか、さらに前売りチケットなどの払い戻しについて追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

新型肺炎で東京ディズニーランドとシーが休園!いつまで?

同社は、「東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、『新型コロナウイルス感染症対策本部』からの『多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請する』との発表を受け、2020年2月29日(土)から3月15日(日)の間、臨時休園することを決定しましたのでお知らせいたします」と発表。

また、再開日について、「3月16日(月)を予定しておりますが、関係行政機関等と密に連絡をとり、あらためてお知らせする予定です」としています。

全国各地のみならず、世界各国から訪れる同テーマパークだけに、感染拡大の先手を打つ形となりました。

感染力が強いとされている、新型コロナウイルスはあらゆる封じ込みにもビクともしません。

こうなってしまったら、もう予防することしか対策はありません。

前売りチケット払い戻しは?

休園に伴い、すでに購入している休園期間中のチケット等の対応について心配される方もいらっしゃるでしょう。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトおよび東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトでは、今後、案内するとのことと発表がありましたのでお手元にあるチケットは破棄せず保管しておきましょう。

追記

3月27日現在、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、「新型コロナウイルス感染症対策本部」からのイベント等の自粛要請が続いていること、そして国内外の状況等に鑑み、両パークの休園期間を延長することを決定しました。

同園は、2月29日から休園を決行。

当初の開園予定から3度目の延期の発表となりますが、果たして開園されるに相応しい環境は整うのでしょうか。

再開日は、4月20日以降を予定していますが、見通しは全く立たずといったところでしょうね。

なお、4月15日に予定していたディズニー映画『美女と野獣』の世界を体感できるエリア「ファンタジーランド」を含む大規模開発エリアの開業を、5月中旬以降に延期することも発表しました。

昨年10月からスタートしたシンデレラ城の改修工事の最中の休園ですが、現在は進んでいるのでしょうか。

完成していたとしても、お披露目できないことも残酷ですよね。

1983年4月の開園以来、ほぼ無休で稼働していた夢の国がゴーストタウンと化してしまっています。

一刻も早い再開を期待します。

今後も何か動きが生じた時には追記させていただきます。

まとめ

今回は「新型肺炎で東京ディズニーランドとシーが休園!いつまで?前売りチケット払い戻しは?」と題しまして、新型肺炎の影響で休園を発表した東京ディズニーランドとシーの再会はいつから、さらに前売りチケット払い戻しについて追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

時期が時期だけに、同テーマパークへの計画を予定していた人々の数は計り知れません。

大変深刻な問題に直面した我が国、収束はするのでしょうか。

この1~2週間がヤマと言われていますが、さらなる感染拡大が懸念され各地では混乱が続き、乱闘騒ぎまで…。

それではここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です