一龍齋貞鳳の顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃は?病名も

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

朝から残念なニュースを目にしました。

テレビがまだ白黒の頃に活躍されていた一龍齋貞鳳(いちりゅうさいていほう)さんがお亡くなりになったそうです。

一龍齋貞鳳さんは、お笑い三人組というテレビ番組に出演されていた講談師ですが、その後は本名の今泉正二さんとして参議院議員もされていましたよね。

そんな一龍齋貞鳳さんが、実は2016年12月27日に亡くなっていたとの事がご遺族から発表されました。

ご冥福をお祈りいたします。

戦後は今泉良夫さんという芸名でも活躍され、テレビやラジオの司会者、タレントなどもされていました。

一龍齋貞鳳さんのことが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回「一龍齋貞鳳の顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃は?病名も」と題しまして、一龍齋貞鳳さんの顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃はどう?病名も調査!という事についてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

スポンサーリンク

一龍齋貞鳳の顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃は?

このように2019年1月10日に一龍齋貞鳳さんが2年前にお亡くなりになっていた事がご遺族から伝えられました。

三回忌を済ませてからの発表だったようですね。

今の時点で発表されたことに何か理由はあるのでしょうか?

一龍齋貞鳳さんはテレビが白黒の頃に活躍された講談師ですから、若い方にとってはあまり馴染みがないかもしれませんね。

一龍齋貞鳳さんの顔画像はこちらです。

一龍齋貞鳳さんがお亡くなりになった時の年齢は90才ということです。

改めて一龍齋貞鳳さんの経歴やプロフィールを調べてみました。

プロフィール
名前:一龍齋貞鳳  (いちりゅうさいていほう)

本名:今泉正二  (いまいずみ しょうじ)

生年月日:1926年9月1日

年齢:90歳でお亡くなりになりました

出身地:福島県

学歴:法政大学第二高校

職業:講談師、元参議院議員

一龍齋貞鳳さんは、NHKのバラエティ番組「お笑い三人組」で活躍され、とても人気のあった講談師です。

3代目江戸家猫八さん、三遊亭小金馬(現:4代目三遊亭金馬)さんとトリオで出演されていました。

そして1971年に参議院議員に当選し、環境政務次官なども務められ、国立演芸場の設立にも関わったそうです。

参議院議員として活動されたのは1977年までで、その後は政治評論家として全国で講演活動をされていたとの事。

一龍齋貞鳳さんのことを懐かしいと感じる方も多いのでしょうね。

一龍齋貞鳳さんは、若い頃とてもステキなお顔立ちなのにすごく面白いことを話すということで、女性からも人気があったようですね。

一龍齋貞鳳さんの若い頃の顔画像がこちらに掲載されていましたので、ご覧になってみてください。

また一龍齋貞鳳さんの一人目の妻(嫁)は早くに亡くなっているそうで、二人目の妻(嫁)との間には子供(娘)がいるそうです。

一龍齋貞鳳さんは90才でしたから、子供もすでに60代くらいかもしれませんね。

妻(嫁)や子供については、その他詳しいことは明らかになっていません。

今後、一龍齋貞鳳さんについて詳しい事がわかり次第こちらで追記していこうと思います。

一龍齋貞鳳の病名は?


このようにツイッターやネット上でも一龍齋貞鳳さんが2年前にお亡くなりになっていた事が話題になっていました。

当時テレビをご覧になっていた方は、今60代くらいでしょうか?

一龍齋貞鳳さんのご遺族は三回忌を済ませてから発表されていましたが、お亡くなりになった病名や経緯は明らかになっていません。

ですが、2年前にお亡くなりになっていてもここまで話題になっているのですから、一龍齋貞鳳さんの人気ぶりがよくわかりますね。

病名など詳しい事がわかり次第、こちらでもお伝えしていこうと思います。

まとめ

今回は「一龍齋貞鳳の顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃は?病名も」と題しまして、一龍齋貞鳳さんの顔画像と年齢や経歴・妻(嫁)と子供や若い頃はどう?病名も調査!という事についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

テレビがまだ白黒の頃に活躍されていた一龍齋貞鳳さんは、お笑い三人組というテレビ番組に出演されていた講談師ですが、その後は本名の今泉正二さんとして参議院議員もされていましたよね。

そんな一龍齋貞鳳さんが、実は2016年12月27日に亡くなっていたとの事がご遺族から発表されました。

ご冥福をお祈りいたします。

一龍齋貞鳳さんについて何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います。

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です