武内由紀子が男児誕生?で実母と対面?旦那は経営者?

スポンサーリンク


こんばんは、リエコです。

突然ですが、『特別養子縁組』ってご存知ですか?

大阪パフォーマンスドールのリーダーとして活躍された武内由紀子さんが、先月、特別養子縁組制度で生後9か月の男児の母になったニュースは話題を集めました。

4年間の不妊治療を断念された武内さんの現在は、2013年3月に再婚されたご主人と幸せな家庭を築き上げています。

そこで今回は「武内由紀子が男児誕生?で実母と対面?旦那は経営者?」と題しまして、男児の生後4日目に対面していた経緯と旦那さんの経営するパン屋さんについて追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

生後4日目に男児の実母と対面した武内由紀子

武内さんは、2007年に離婚を経て、40歳の誕生日を迎えた13年の3月に不妊治療を開始するタイミングで結婚したようです。

可能な限りの治療を経験されたそうですが、結果につながらず、44歳で治療を断念。

断念したその日に、導かれるように養子縁組への考えに方向転換したそうです。

そして、登録から半年後、厳しいハードルをクリアした武内さんご夫妻に養子縁組のお話がやってきたのです。

実母の希望で、子どもを引き取りに行った生後4日目に、病院で対面を果たしました。

そして、対面した瞬間「この子は、返さなくていいんだ」と安堵に包まれたようです。

名前は「一徹」くんと名付けました。

武内さんは、実際に実母に会って会話を通じ、本当に愛情を持っていらっしゃったということを心の底から感じることができたと語っています。

しかし、今後のことを考えると、武内さんは芸能人で所在も特定できることから、実母が会いたい衝動に駆られたり、取り戻したいという気持ちが芽生えてしまうのではないでしょうか…。

ですが、武内さんの元へやって来た男児は温かな家庭で幸せな人生を送れるでしょうね。

不妊の辛さや絶望感は、経験した人にしか分かりません。

つい先日、4度目の離婚を発表された方が、妊娠の経緯を「避妊リングを外していた、このわずかの期間にまさかの的中。Happeningだった」などと綴り批判を浴びていたようですが、武内さんのような思いをされている方にとっては非常に残念で、心無い言葉であると思いました。

武内由紀子の旦那はパン屋を経営

武内さんの旦那さんは、中込さんというパン職人さんです。

武内さんのブログにも直々登場しているとのことです。

東京・五反田の『パネッテリア・アリエッタ』の職人だった旦那さんは、2017年11月に『BAKEMAN』のオーナーとしてオープンへ至ったのです。

実に経営者ですね♪

住所は、東京都大田区山王2-18-1-102です。

書き込みなどを参考にすると、ハード系のパンが目白押しのようで、夕方には売り切れてしまい、閉店していることもしばしば。

品数も豊富で、写真を見ているだけでもとっても美味しそうですよ♪

お店も軌道に乗って、繁盛しているようですね。

まとめ

今回は「武内由紀子が男児誕生?で実母と対面?旦那は経営者?」と題しまして、男児の生後4日目に対面していた経緯と旦那さんの経営するパン屋さんについて追ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

武内さんは、辛い不妊治療を乗り越えて、『養子縁組』という答えにたどり着きました。

そして、一徹くんのお母さんとして日々奮闘しているようです。

旦那さんは、凄腕パン職人の経営者で、お店は繁盛しているとのことでした!

武内さんと一徹くんは運命の出会いを果たしました。

一番大変な新生児の時から、母親として我が子同然に育てている武内さんは、立派な一人前の母親です。

この先も、武内さん親子を見守りたいと思います♪

それでは、今回はここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です