渡辺博道の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収は?評判も調査!

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

衝撃的なニュースが入ってきました!

10月2日に発足した第4次安倍改造内閣にて、復興相に任命されたのは渡辺博道(わたなべひろみち)議員。

その渡辺博道復興相が代表を務める自民党千葉県第6選挙区支部が、経済産業省が所管する補助金の交付決定を2015年に受けた企業から14~16年に計36万円の寄付を受けていたとの事。

政治資金規正法は癒着を防ぐため国による補助金の交付決定から1年以内に企業が政党や政治資金団体に寄付することを禁じているそうです。

今回の補助金は第三者が行った間接補助金という事で完全に違法ではないそうですが、法的に見るとあまり望ましくない行為らしいですね。

それにしても次から次へと大臣の問題が出てきます。

渡辺博道復興相がどんな人物なのか調査してみました。

そこで今回「渡辺博道の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収は?評判も調査!」と題しまして、渡辺博道復興相の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収はどうなの?評判も調査!という事について迫ってみました。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

渡辺博道の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収は?

このように渡辺博道復興相が代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付という事で、ネット上でも大きな話題になっています。

今回の補助金は第三者が行った間接補助金という事で完全に違法ではないそうですが、法的に見るとあまり望ましくない行為らしいですね

10月に発足したばかりの第4次安倍改造内閣、問題がどんどん出てきます。

改めて、渡辺博道復興相とはどういう人物なのか調査してみました。

まず渡辺博道復興相のプロフィールについてです。

名前:渡辺博道 (わたなべひろみち)

生年月日:1950年8月3日

年齢:68歳 2018年10月時点

出身地:千葉県松戸市

自宅:不明

職業:前職は松戸市職員 渡辺交通役員 千葉県議会議員

出身中学:松戸市立第一中学校卒業

出身高校:千葉県立東葛飾高等学校

出身大学:早稲田大学法学部卒 明治大学大学院法学研究科修士課程修了

所属政党:自民党

渡辺博道復興相の妻や子供、家族について調査してみました。

渡辺博道復興相の家族は、妻、娘2人、息子と5人家族との事。

さらに父親は元松戸市議会議長の渡辺福太郎さん、義理の兄は松戸市議会議長の渡辺昇さんという方で、政治家系ですね。

渡辺博道復興相の妻や子供、家族について、名前や顔画像は判明していませんでした。

議員さんって公式ブログなどで、家族の写真を公開している方が多いんですけどね。

渡辺博道復興相のブログはこちらから。

自宅については公表されていませんが、千葉か東京である事は予想ができます。

続いて、渡辺博道復興相のこれまでの略歴(経歴)や学歴について公式サイトから引用させて頂きました。

昭和38年 松戸市立北部小学校卒業

昭和41年 松戸市立第一中学校卒業

昭和44年 千葉県立東葛飾高等学校卒業

昭和49年 早稲田大学法学部卒業

昭和51年 明治大学大学院法学研究科(労働法専攻)修士課程 修了

職歴
昭和50年 松戸市役所職員(昭和50年~60年)

昭和60年 会社役員

職歴
平成 7年 4月 千葉県議会議員初当選
平成 8年10月 衆議院議員初当選

平成12年 6月 衆議院議員当選(2期連続)

平成13年 5月 内閣府大臣政務官

平成14年 1月 自民党国会対策副委員長(連続3回)

文部科学部会長代理

平成15年11月 衆議院議員3期目当選

外務委員会筆頭理事

平成16年10月 自民党副幹事長

平成17年 9月 衆議院議員当選(4期連続)

自民党総括副幹事長

平成18年 9月  経済産業副大臣
平成19年 9月 衆議院総務委員長

平成20年 9月 自民党国会対策副委員長(4回目)

衆議院議院運営委員会理事

予算委員会委員

平成21年 議院運営委員会理事/党国会対策副委員長

第45回衆議院選挙にて惜敗

平成24年12月 衆議院議員5期目当選

自由民主党副幹事長

自由民主党千葉県連選挙対策委員長

経済産業委員会 理事

平成26年9月 科学技術・イノベーション推進特別委員長

(出典:http://www.hiromichi21.com/profile/index.html)

学歴については上でお伝えしたように、早稲田大学法学部を卒業されています!

渡辺博道復興相の年収について調査してみました。

大臣の月給は149.5万円、年収にすると17,940,000円との事です。

もう少しもらっていそうな気もしますが…。

また大臣としての年収の他にもきっと収入源はあると思いますので、年収はもう少し高めなのではないでしょうか。

渡辺博道の評判も調査!

渡辺博道復興相が代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付という問題を受けて、ツイッターやネット上でもかなり話題になっていました。

渡辺博道復興相の問題だけでなく、10月2日発足した第4次安倍改造内閣において入閣した大臣の問題が続いていることにみなさんの批判が集まっていました。

復興相に任命されましたばかりでしたがいきなりの問題発覚!

今後、渡辺博道復興相に注目が集まって、さらに詳しい情報が入ってくると思います。

詳細が分かり次第追記していきます。

まとめ

今回は「渡辺博道の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収は?評判も調査!」と題しまして、渡辺博道復興相の妻や子供・家族と経歴・学歴や自宅・年収はどうなの?評判も調査!という事について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

その渡辺博道復興相が代表を務める自民党千葉県第6選挙区支部が、経済産業省が所管する補助金の交付決定を2015年に受けた企業から14~16年に計36万円の寄付を受けていたとの事。

政治資金規正法は癒着を防ぐため国による補助金の交付決定から1年以内に企業が政党や政治資金団体に寄付することを禁じているそうです。

今回の補助金は第三者が行った間接補助金という事で完全に違法ではないそうですが、法的に見るとあまり望ましくない行為らしいですね。

それにしても10月2日に発足した第4次安倍改造内閣、次から次へと大臣の問題が出てきます。

渡辺博道復興相の経歴や学歴については詳しいことが判明していましたが、その他についてはまだ不明です。

詳しいことが分かり次第、評判とも合わせてこちらで追記していきたいと思います。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

▼こちらも合わせてどうぞ!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です