徳井義実が脱税!所得隠しの総額は?追徴課税や罰金、刑罰や逮捕は?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。 

フジテレビが23日に報じた、チュートリアルの徳井義実さんの所得隠し騒動は各方面に影響を及ぼしているようですね。

徳井さんは、所属事務所から支払われるギャラを、個人で設立した会社を通じて受け取っていたようですが、その会社が東京国税局から2012~18年の7年間で計約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたのです。

徳井さんは、すでに納税と修正申告を済ませたようですが、要は“脱税”が行われていたこととなります。

人気お笑い芸人の徳井さんのことですから、かなりの高給取りだったに違いありません。

それに付け加え、1億円以上の脱税をしていたともなると、相当羽振りが良い生活をしていたことでしょうね。

また、ツイッターのトレンドワードでも徳井さん関連の「所得隠し」「徳井さん」「徳井義実さんの会社」のワードがランキグ入りする事態となっていて、大変関心を集めていると同時に、バッシングの嵐が巻き起こっていることも事実です。

そこで今回は「<徳井義実が脱税!所得隠しの総額は?追徴課税や罰金、刑罰や逮捕は?」と題しまして、徳井義実の所得隠しの総額や追徴課税、罰金、刑罰、逮捕の有無について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

徳井義実が脱税!所得隠しの総額や追徴課税金額、罰金は?

世田谷区にある徳井さんの会社は、なんと、強制性交の罪に問われ裁判中の新井浩文被告と同じ高級マンションのようです!

ちなみに、新井被告は23日、懲役5年を求刑。

同じ高級マンションの2人が「所得隠し」と「求刑」という2つのニュースではたまた同じ日に報じられるとは、ありえない偶然でしょう。

まっ、それはさておき。

徳井さんは、吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを、個人で設立した会社を通して受け取っていたそうです。

12年から15年までの4年間、個人的な旅行・洋服代・アクセサリー代などを会社経費として計上。

しかし、国税局はこれを認めず、約2000万円の所得隠しとして指摘したのです。

また16年から18年までの3年間は収入を全く申告していなかったため、国税局は徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘。

重加算税等を含めた追徴税額は、あわせて約3400万円にのぼるとみられています。

かなり、大胆かつ悪質のそしりは免れませんね。

そんな徳井さんはNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビなどにレギュラー番組を持つ超売れっ子で、年収は億単位と言われています。

今回、犯罪行為とはいえども、捕まったわけじゃないので即降板という結果には至らないようです。

ただ、今後のレギュラー番組やCM出演などに影響が出てくることは免れませんね。

それよりか、世間を敵に回した代償が大きすぎます。

納税は所得に応じた、「国民の義務」ですからね。

現在、徳井さんのツイッターにはフォロワーからの批判のコメントが集中する事態となっています!

なお、徳井さんのツイッターは22日に更新した「チュートリアルの傑作コント『ボーリング症候群』」の動画サイトを貼り付けたツイートを最後に更新されていません。

徳井義実は刑罰や逮捕はあるの?

今回、「脱税」という犯罪に手を染めてしまった徳井さんですが、逮捕をされるような罪ではなさそうです。

もっと、お金持ちでないと逮捕しないのでしょうか?

修正申告で納税した徳井さんですが、その金額の内として罰則金も発生しているはずです。

いくら納付したかは不明ですが、詳細が判明次第更新させていただきますね。

まとめ

今回は「徳井義実が脱税!所得隠しの総額は?追徴課税や罰金、刑罰や逮捕は?」と題しまして、徳井義実の所得隠しの総額や追徴課税、罰金、刑罰、逮捕の有無について追ってみました。

人気芸人の徳井さんが東京国税局のガザ入れで1億2000万円ほどの所得隠しを指摘され、納税と修正申告を済ませたようです。

あとは、お金で解決できない「信用」を取り返すことが大きなハードルとなるでしょうね。

それではここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です