ジャニー喜多川が危篤?重病説や死亡説まで!葬儀場はどこで喪主は後継者の滝沢秀明?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が本日昼頃に、都内の病院に救急煩搬送されていたことを明らかにしました。

詳しい病状は明らかにされていませんが、ジャニーさんの救急搬送や危篤状態にあるのではとの情報などが、昨日の夕方ごろ一斉に駆け巡り、芸能界に激震が走りました。

今年10月に88歳(米寿)を迎えるジャニーさんですが、今回搬送された病院ではなく、専属の主治医がいる別の病院に定期的に検査入院していたそうです。

昨年末には、ジャニーズ事務所から滝沢秀明さんが芸能活動を引退し、事実上ジャニーさんの後継者としてプロデュース業に専念すると発表したばかり。

事務所の看板グループである「嵐」も来年いっぱいで活動休止と、最近のジャニーズは劇的な話題を呼んでいました。

事務所としても、万が一、ジャニーさんの身に不慮の事態があったとしても、対応できるように準備を進めてきたと言います。

そこで今回は「ジャニー喜多川が危篤?重病説や死亡説まで!葬儀場はどこで喪主は後継者の滝沢秀明?」ジャニーズ帝国を切り開いたジャニー喜多川氏の容体や重病、死亡説について、さらには葬祭を執り行う場所や喪主が後継者の滝沢秀明氏との噂について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

ジャニー喜多川が緊急搬送!危篤状態でかねてからの重病説や死亡説とは

昨日、ジャニーさんが都内の病院に緊急搬送されたという情報が流れ、マスコミや芸能界は混乱を招きました。

メディアがジャニーズ事務所に確認するも、対応待ちとのことで搬送先の病院はマスコミややじ馬でごった返しているようです。

ジャニーさんが車椅子で移動するようになったと伝えられてから、およそ7年が経過しました。

一時は健康面の不安や重病説がささやかれていましたが、“後継者問題”が一段落ついたことで、最近はグループの公演にも積極的に訪れ、囲み取材に応じていました。

ジャニーさんは東京五輪・パラリンピック開催の2020年に合わせた20人+20人=40人体制のユニット「2020(トゥエンティートゥウェンティー)プロジェクトを本格化させる」とも宣言。

まだまだ、タレントの力量を見抜く卓越した眼力は衰えを感じさせなかった一方で、体調を崩して病院に通うことも増えていたそうです。

ジャニーさんに関してはこれまでも、重病説や死亡説がながれていました。

年齢も年齢だけに、根の葉もない噂が蔓延していましたが、今回の搬送は情報によると大変深刻であるとのことです。

ジャニー喜多川の葬儀場はどこで予定されて、喪主は誰?

人間、いつかは死が訪れます。

ジャニーさんクラスの方であれば、到底“終活”は済んでいるはずです。

では、最後の晴れ舞台はどこを選んだのでしょうか?

ジャニーさんは、表に出ることが苦手な人でした。

最近ではこれまでに考えられなかった取材に応じたり、肉声をメディアに流したりとジャニーさんのスタンスも時代とともに変化が起きていました。

芸能人や著名人が数多く利用することで知られる、青山斎場が有力候補と言われています。

ですが、大々的に執り行うのではなく、ごく一部での密葬なのではないかという情報があります。

また、ジャニーさんは未婚であるので、子孫がいません。

実妹で、事務所の副社長であるメリー喜多川氏が喪主に相応しい構図でありますが、おそらく後継者として指名されたジャニーズ・アイランド代表取締役社長の滝沢秀明氏が取り仕切るのではないでしょうか。

いずれにせよ、現時点では不謹慎な話であります。

ジャニーさんの容体が安定し、元気な姿を見せられるよう頑張っていただきたいですね。

まとめ

今回は「ジャニー喜多川が危篤?重病説や死亡説まで!葬儀場はどこで喪主は後継者の滝沢秀明?」ジャニーズ帝国を切り開いたジャニー喜多川氏の容体や重病、死亡説について、さらには葬祭を執り行う場所や喪主が後継者の滝沢秀明氏との噂について追ってみましたがいかがでしたでしょうか。

昨日、緊急搬送されたジャニー喜多川さんですが、容体は未だ不明です。

追って、発表されることなので、詳細が明らかになり次第、追記していきたいと思います。

今回はここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です