バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みが判明!今後の価値や動画も

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

衝撃的なニュースが入ってきました!

世界的に有名な覆面アーティストバンクシーが描いた絵画が、オークションでシュレッダーにかけられる!との事件(?)が起こりました!

匿名で活動を続けているバンクシーの絵画はとても政治的なメッセージが込められていることでも有名ですよね。

そのバンクシーの絵画が2018年10月5日ロンドンで開かれたオークションで約1億5,000万円で落札!

そしてその直後になんと額縁の中に仕込まれたシュレッダーが動きだし、バンクシーの絵画が切り刻まれてしまいました…。

え~?という世界中の声が聞こえてきそうなほど驚きのニュース!

なんといっても1億5,000万円ですから!!

そのバンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みは一体どんなのものなのでしょうか?

そこで今回「バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みが判明!今後の価値や動画も」と題しまして、バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みはどうなっている?今後の価値や額縁シュレッダー作動時の動画も!という事についてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います!

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

スポンサーリンク

バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みは?

10月5日にロンドンで行われた絵画のオークション。

その中でバンクシーの絵画「赤い風船に手を伸ばす少女」が出品されました。

バンクシーといえば、匿名で活動していることでも、政治的なメッセージを込めた絵画を描いているということでも有名です。

イギリスのロンドンを中心に活躍されているという事は分かっていますが、その他は一切不明です。

覆面芸術家として、街中の壁にアート作品を落書き?のような形で表すことも多いようですね!

ですがそんなバンクシーの絵画はとても価値のあるものとして、世界中で人気があるようです。

そして今回のロンドンでの絵画オークションで、バンクシーの絵画についた落札価格は約100万ポンド、1億5000万円!!

落札されたが誰なのかは分かっていませんが、きっと相当うれしかったでしょうね!

ただ、その落札直後にバンクシーの絵画が動きだし、なんと額縁の中にシュレッダーが仕込まれていたようで、お客さんが唖然とする中、無残にも切り刻まれていきました!

そこで、このバンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みはどうなっているの?という方のツイートがたくさん上がってきていました!

そしてバンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みについて調査していると、なんとバンクシー本人のインスタグラムで公開されていました!!

 

View this post on Instagram

 

. “The urge to destroy is also a creative urge” – Picasso

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –

バンクシー本人が額縁の中にシュレッダーを仕込む様子が映っていますね!

もちろんバンクシーは顔出ししていませんが(笑)

この額縁シュレッダーの後、バンクシーはインスタグラムで「行け、行け、行っちゃった」とコメントしていたようです。

バンクシーの絵画額縁シュレッダーはバンクシー本人によって仕込まれたものですが、これが落札直後にどうやって作動したのかという仕組みまでは分かっていません。

遠隔操作なのか?それとも何かバッテリーが仕込まれていたのか?

こちらの仕組みについては、今後新しい情報が入り次第追記していきます!

バンクシーの絵画額縁シュレッダーで今後の価値は?動画も紹介!


バンクシーの絵画額縁シュレッダーの動画は、かなり衝撃的ですね!

バンクシーの絵画は切り刻まれて、半分のところで止まっています。

はじめは何のことか分からないようだったお客さんも、みんなスマホで撮影していましたね(笑)

このバンクシーの絵画額縁シュレッダー事件も、どうやらバンクシーのアートの一部だというコメントもありました!

この破壊行為さえもアートにしてしまうなんて…。

そしてこの事によりバンクシーの絵画の価値が上がるだろうと予想されています。

切り刻まれたのに、さらに価値が上がるってすごくないですか?

元々1億5000万円ですから一体どこまで跳ね上がってしまうのでしょうか?

ツイッターやネットの反応

と、このようにバンクシーの絵画額縁シュレッダーの事が、ツイッター上でものすごく話題になっていました!

みなさんバンクシーの行ったことを高評価されている方がほとんどでしたね!

バンクシーの絵画はこの事によってさらに価値が上がるという事ですから、そこまで計算しているとすればバンクシーって本当に天才!!

まとめ

今回は「バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みが判明!今後の価値や動画も」と題しまして、バンクシーの絵画額縁シュレッダーの仕組みはどうなっている?今後の価値や額縁シュレッダー作動時の動画も!という事についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

世界的に有名な覆面アーティストバンクシーが描いた絵画が、オークションでシュレッダーにかけられる!との事件(?)が起こりました!

匿名で活動を続けているバンクシーの絵画はとても政治的なメッセージが込められていることでも有名ですよね。

そのバンクシーの絵画が2018年10月5日ロンドンで開かれたオークションで約1億5,000万円で落札!

そしてその直後になんと額縁の中に仕込まれたシュレッダーが動きだし、バンクシーの絵画が切り刻まれてしまいました…。

え~?という世界中の声が聞こえてきそうなほど驚きのニュースでしたが、このことにより絵画の価値は跳ね上がると予想されています!

バンクシーすごいですね!!

今後のバンクシーも楽しみです!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です