Go Toトラベルキャンペーン22日からの旅行代金の申請先はどこでどうするの?

スポンサーリンク


こんにちは、リエ子です。

Go Toトラベルキャンペーンが物議を醸しています。

それもそのはずですね。

政府は、政府は観光需要を喚起するための「Go Toトラベル」の事業を見直し、東京発着の旅行は、すでに予約されている分も含めて割引の対象から外して、今月22日から実施することになりました。

とは言え、さっそく22日から旅行の予約を入れていた方はどうすればよいのでしょうか。

そこで今回は、「Go Toトラベルキャンペーン22日からの旅行代金の申請先はどこでどうするの?」と題しまして、7月22日から開始されるGo Toトラベルキャンペーンの旅行代金の申請先はどこでどうするのかについて追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

Go Toトラベルキャンペーン22日から開始!

Go Toトラベルキャンペーンは、7月22日から開始することが発表され、22日以降の旅行から代金の割引きが対象となります。

「Go Toトラベルキャンペーン」では国内旅行を対象に、宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額が支援されます。

条件は、一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については1万円が上限)、連泊制限や利用回数の制限なし)というかなりお得なキャンペーンです。

1/2相当額の支援額の内、7割は旅行代金の割引き、3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与されるとのことですが、あまりに急な展開に利用環境が追い付かず、7月27日以降、旅行業者、予約サイト、宿の直販予約システム等において準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売が実施されるようです。

7月22日~26日までの旅行代金の申請先はどこでどうするの?

では、早くもこの大型連休中(7月22日~26日)以降の旅行を既に予約している人については、どうすればよいでしょうか。

その場合ですが、旅行後の申請により割引分を還付してくれるとのことです。

現時点での詳細は調整中で、事務局の立上げ後に改めてお知らせとのことですので、旅行代金を支払った領収書と宿泊先で発行してくれる宿泊証明を必ず取得してください!

この間の還元分(35%分)は、事務局への直接申請となりますので、お手続きが必要となります。

どういう方法で支払うかについては不明ですが、きちんと還付されるので、安心してくださいね!

また、地域共通クーポン付与の本格実施日は9月1日以降となり、別途発表されます。

これについても、本来は旅行先で利用できる地域振興券ですが、すでに旅行先から帰省していることとなりますから、この辺も何らかの対処があると思います。

まとめ

今回は、「Go Toトラベルキャンペーン22日からの旅行代金の申請先はどこでどうするの?」と題しまして、7月22日から開始されるGo Toトラベルキャンペーンの旅行代金の申請先はどこでどうするのかについて追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

二転三転したキャンペーンですが、こんな機会は二度とないと思います。

ぜひ利用したいところですが、新型コロナウイルスは再び猛威を振るい始めました。

このキャンペーンが大惨事を招くことだけは避けたいですね。

それではここまでにさせていただきます。

さいごまでご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です