巨人 阿部慎之助が引退!出身や功績は?10億円年俸の強打捕手が不倫騒動?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

21日、プロ野球・巨人は、DeNAとの直接対決を延長戦の末、逆転で制し、2014年以来5年ぶりのリーグ優勝を決めました。

しかしながら、お祝いモードが一転…。

今朝、巨人・阿部慎之助捕手が、今シーズン限りで現役を引退する意思を固めたことが明らかになりました。

すでに、原監督や入団時の指揮官である長嶋茂雄終身名誉監督にも報告したもようで、5年ぶりのリーグ優勝を果たし、気持ちに大きな変化が出たようですね。

クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズには戦力として出場予定とされています。

19年間の現役生活に別れを告げ、「日本一」を置き土産にユニフォームを脱ぎ捨てることはできるのでしょうか。

そこで今回は「巨人 阿部慎之助が引退!出身や功績は?10億円年俸の強打捕手が不倫騒動?」と題しまして、巨人の主砲、阿部慎之助捕手が現役引退を発表し、出身や功績はを振り返りまして、過去の不倫騒動についても追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

阿部慎之助選手が現役引退!出身やこれまでの功績を振り返る

阿部選手の現役生活引退は、悩みに悩んだ末の決断だったそうです。

19年間のプロ野球人生にピリオドを打つこととなったわけですが、一両日中にも、本人の口から正式な表明がされます。

これまでに阿部選手は、「来年も現役でやりたい気持ちはある。ただ、優勝したら気持ちは変わるかもしれない。とにかく、優勝を知らない後輩たちにいい思いをさせたい」と胸の内を明かしていました。

次代を担う若手が“優勝の味”を知らないことが心残りの阿部選手は、21日のDeNA戦(横浜)に勝ち、5年ぶりのリーグ制覇を達成。

悲願のビールかけでは、ナインと無邪気にはしゃいだ映像が印象的でした。

阿部選手は、千葉県浦安市出身の40歳。

2000年のドラフト1位で中大から鳴り物入りで入団し、強打の捕手として注目を集めました。

当時の指揮官は長嶋茂雄終身名誉監督です。

09年9月には、シドニーオリンピック日本代表選手に選ばれチームに大きく貢献しました。

巨人では、07年から14年までキャプテンを務め、数々の賞やタイトルを獲得。

チームの精神的な支柱でもあった阿部選手は球団の契約基準額をはるかにこえる10億円契約を結んでいたことも明らかになっています。

一方で、下半身の肉離れや、背筋痛、右肩痛や、現役生活の終盤は首痛にも苦しみ続けたようです。

ケガのほとんどがマスク越しのファウルチップの衝撃によるもので、患部には細く小さなトゲのような物が刺さったままな上、手術が危険な箇所から満身創痍の状態。

それでも、17年に巨人の生え抜きでは5人目となる2000安打を達成し、今季は通算400本塁打を達成。

捕手としては史上3人目の快挙を成し遂げ、プロ野球の歴史に名を刻みました。

来季からは、阿部選手にふさわしいポストを用意するという球団。

もちろん、CSと日本シリーズでも貴重な戦力としてベンチ入りする予定です。

技術や体力面でも衰えの無い阿部選手のパワフルなスイングで有終の美を飾って頂きたいものですね。

過去にはグラドルと不倫騒動を

2012年8月に、Gカップのグラビアアイドル・小泉麻耶さんと3夜連続で密会をしていたことを『週刊ポスト』にスッパ抜かれています。

同誌によると、同年7月に試合後の阿部選手が、宅配便の配送人風を装い約1時間半にわたり小泉さんのマンションを訪れ、翌日には東京・西麻布の飲食店でわずか1時間密会。

さらに3日日は、小泉さんが巨人の遠征先である広島まで応援に行き、阿部選手はそれに応えるかのように5打数4安打2打点と大爆発だったという報道が…。

2人は、同年1月に行われた野球選手とタレントの“食事会”という名目の合コンで出会い、小泉さんから猛アタックしたそうです。

阿部選手は、06年12月に元モデルの妻と結婚し、長女と次女がいて同年1月には待望の長男が誕生していた矢先の不祥事。

しかしながら、成績も順調であったことから厳重注意程度で騒動は解決され、以降は後追い報道もナシといった対処で闇に葬られました。

奥様とは、話し合いで解決したのかは不明ですが、現在も家庭は円満のようすであります。

まとめ

今回は「巨人 阿部慎之助が引退!出身や功績は?10億円年俸の強打捕手が不倫騒動?」と題しまして、巨人の主砲、阿部慎之助捕手が現役引退を発表し、出身や功績はを振り返りまして、過去の不倫騒動についても追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

残りわずかとなる阿部選手の活躍ですが、最後は「日本一」を奪還し、悔いのない選手生命に幕を閉じてほしいですね。

それでは、ここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です