高田雄史経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国?評判も!

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです。

2019年1月20日に東京表参道にオープンしたティラミス専門店「HERO’S」が、シンガポールのティラミス店「ティラミスヒーロー」をパクリ乗っ取ったと、ネット上で大炎上しています。

このHERO’Sオープンのイベントでは、あの桐谷美玲さんの夫である三浦翔平さんが宣伝されていてかなり好印象だったんですけどね。。

HERO’Sをオープンさせたのは、大阪で有名になったパンケーキ専門店「gram」の高田雄史(たかだたけし)社長

どうやらこのgram自体も乗っ取りだったのでは?などという噂まで出ていて、大変な騒ぎになっています。

高田雄史社長とは一体どんな人物なのでしょうか?

そこで今回「高田雄史経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国?評判も!」と題しまして、高田雄史社長の経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国って本当なのか?評判も調査!という事について迫ってみました。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

高田雄史の経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国?

このように表参道にオープンしたティラミス専門店HERO’Sがシンガポールの「ティラミスヒーロー」のパクリだと話題になっています。

せっかく三浦翔平さんまでイベントに呼んだのに、大変なことになっています。。

こちら左側が元々のシンガポールのティラミスヒーロー、右側がHERO’Sのロゴです!

これは、、完全にロゴまでパクリと言うか全く同じものになっています!

よくここまでできますね。。

このHERO’Sをオープンさせたのは、大阪のパンケーキ専門店として超有名なgramの高田雄史社長。

高田雄史社長の顔画像はこちらになります。

改めて、高田雄史社長とはどういう人物なのか調査してみました。

まず高田雄史社長のプロフィールや経歴、学歴についてです。

プロフィール

名前:高田雄史  (読み方:たかだたけし)

生年月日:1973年

年齢:45才か46才

出身地:不明

学歴:不明

職業:株式会社gram 代表取締役社長

高田雄史社長は以前は不動産業の営業をされていたそうです。

その後、自ら創作料理店をはじめます。

そこからパンケーキと出会って、試行錯誤を重ねてふわふわのパンケーキを2ヶ月以上かかって完成させgramをオープン。

3段重のプレミアムパンケーキが大人気で行列ができるほどなのだそうです!

そんな高田雄史社長はティラミスで東京表参道にお店を出したわけですが、もっと真っ当な商売をすればこんなことにはならなかったでしょうね。。

高田雄史社長の家族について調査してみましたが、今のところ妻や子供などについて詳しい情報は判明していませんでした。

また、高田雄史社長をネットで検索すると「韓国 国籍」という言葉が出てきます。

もしかして高田雄史社長は韓国出身なの?と思い調べてみましたが、現時点ではそういった情報はありませんでした。

なぜ韓国と言う言葉が出てきたかと言うと、今回のパクリ事件が韓国人や中国人がやりそうなことだという話がたくさん出ていたからのようです。

高田雄史社長に関して新しい情報が入り次第、こちらで追記していこうと思います。

高田雄史の評判は?

このように高田雄史社長の評判はかなりひどいものになっています。

今回のパクリ事件で本家のシンガポール「ティラミスヒーロー」は、ロゴや名前まで変えて営業しています。

丸々乗っ取られた感じなのでしょうか。

高田雄史社長からはこの件について、まだ何も発表はありません。

真相については今のところまだ何も判明していませんが、これだけ大きな問題となってしまっているので、何かの形で公式な謝罪なり発表なりあるのではないでしょうか?

詳細が分かり次第追記していきます。

まとめ

今回は「高田雄史経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国?評判も!」と題しまして、高田雄史社長の経歴と顔画像や妻・子供や家族と出身・国籍は韓国って本当なのか?評判も調査!という事について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

2019年1月20日に東京表参道にオープンしたティラミス専門店「HERO’S」が、シンガポールのティラミス店「ティラミスヒーロー」をパクリ乗っ取ったと、ネット上で大炎上していますね!

HERO’Sをオープンさせたのは、大阪で有名になったパンケーキ専門店「gram」の高田雄史社長。

どうやらこのgram自体も乗っ取りだったのでは?などという噂まで出ていて、大変な騒ぎになっています。

HERO’S、そして高田雄史社長について詳しいことが分かり次第、こちらで追記していきたいと思います。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です