園田博之息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産や若い頃は?評判も

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

残念なニュースが入ってきました。

以前、村山内閣の官房副長官や新党さきがけの代表、そして自民党政調会長代理など、重要なポストを任されていた園田博之(そのだひろゆき)衆院議員がお亡くなりになりました。

11月11日に東京都内の病院でお亡くなりになり、肺炎が原因のようです。

平成の政界再編で「影のキーマン」と言われていたほどの実力の持ち主だった園田博之議員。

人脈もかなり幅広かったようです。

園田博之議員のことが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

ご冥福をお祈り申し上げます。

そこで今回「園田博之息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産や若い頃は?評判も」と題しまして、園田博之議員の息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産はどうなのか?若い頃と評判も調査!という事についてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います!

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

スポンサーリンク

園田博之息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産や若い頃は?


11月11日に肺炎で亡くなった園田博之議員の現在とまではいきませんが、一番現在に近いと思われる顔画像がこちらです。

園田博之議員を政治の師匠と尊敬する金子恭之(かねこやすし)議員が、2018年5月20日の式典で園田博之議員と一緒に写っている写真をアップしていました。

金子恭之議員は、園田博之議員の訃報を聞きすぐに上京し会いに行っているようです。

それほど親交も深かったのでしょう。

金子恭之議員によると、園田博之議員は2017年10月の衆院議員選挙の後から病気療養中だったそうです。

復帰する意欲はあったとのことですから、金子恭之議員もご家族も残念な気持ちでいっぱいなことと思います。

改めて園田博之議員の経歴やプロフィールを調べてみました。

プロフィール
名前:園田博之  (そのだひろゆき)

生年月日:1942年2月19日

年齢:76歳

出身地:熊本県天草郡河浦町

学歴:日本大学経済学部

職業:衆院議員

政党:自民党

村山内閣の官房副長官や新党さきがけの代表、そして自民党政調会長代理など、重要なポストを任されていた園田博之議員。

続いて、若い頃からこれまでの輝かしい経歴や学歴について公式サイトから引用させていただきます。

昭和17年02月19日 熊本県天草郡河浦町生まれ
昭和39年03月 日本大学経済学部 卒業

昭和39年04月 日魯漁業株式会社 入社「現(株)ニチロ」

昭和58年02月 日魯漁業株式会社 退社

昭和61年07月 衆議院議員に初当選

平成02年02月 衆議院議員に連続当選(2期)

平成03年11月 厚生政務次官 就任

平成04年12月 厚生政務次官 退任

平成05年01月 衆議院 議員運営委員会理事 就任

平成05年06月 衆議院 議員運営委員会理事 退任(自由民主党 離党)

平成05年07月 衆議院議員に連続当選(3期)

平成05年07月 新党さきがけ 代表幹事 就任

平成06年06月 新党さきがけ 代表幹事 退任

平成06年06月 内閣官房副長官(第1次村山内閣) 就任

平成07年08月 内閣官房副長官(第2次村山内閣) 再任

平成08年01月 内閣官房副長官(第2次村山内閣) 退任

平成08年01月 新党さきがけ副代表 就任

平成08年10月 新党さきがけ副代表 退任

平成08年10月 衆議院議員に連続当選(4期)

平成08年10月 新党さきがけ幹事長 就任

平成10年10月 新党さきがけ 離党

平成11年12月 自由民主党 復党(法務委員)

平成12年06月 衆議院議員に連続当選(5期)

平成12年07月 逓信・地方行政委員

平成13年01月 農林水産委員

平成13年05月 安全保障委員会理事、自民党総務

平成14年01月 法務委員長 就任

平成14年10月 自民党副幹事長 就任

平成14年10月 法務委員長 退任  法務委員筆頭理事 就任

平成15年11月 衆議院議員に連続当選(6期)

平成15年11月 自民党副幹事長 退任  党政調副会長 就任  予算理事

平成16年10月 党政調副会長、郵政改革に関する関係合同部会座長、法務理事

平成17年04月 党政調副会長、郵政改革に関する関係合同部会座長、法務委員

平成17年04月 党政調副会長、政策金融機関改革に関する合同部会座長、予算委員

平成17年09月 衆議院議員に連続当選(7期)

党政調副会長、政策金融機関改革に関する合同部会座長、予算委員

平成18年03月 党政調副会長、行政改革に関する特別委員会 筆頭理事、予算委員、党郵政政策小委員長

平成18年04月 党歳出改革に関するPT(公務員・総人件費)分野 主査

平成18年10月 予算委員会筆頭理事 就任

平成18年10月 党行政改革推進本部本部長代理

党水俣病問題小委員長、与党水俣病問題に関するPT座長

平成19年01月 党中央省庁改革委員長

平成19年09月 予算委員

平成19年09月 党政務調査会長代理

平成21年08月 衆議院議員に連続当選(8期)

平成21年10月 党幹事長代理

平成22年3月 党幹事長代理 退任

平成22年4月 自由民主党 離党

平成22年4月 新党 たちあがれ日本 結成

たちあがれ日本 幹事長 就任

平成24年11月 太陽の党 結成

平成24年11月 日本維新の会

平成24年12月 衆議院議員に連続当選(9期)

平成26年8月 次世代の党 結成

平成26年12月 衆議院議員に連続当選(10期)

平成27年11月 自由民主党 復党

引用元:http://sonoda-hiroyuki.com/profile

園田博之議員の家族、妻や息子、娘などの情報は今まで公表されていませんでした。

2017年には、政治資金規正法違反でスキャンダルが出てしまった園田博之議員でしたが、この時にも特に家族については触れられていません。

議員さんって、自分の公式サイトの中に妻や子供など家族の写真を載せている人も多いのですが、園田博之議員の場合は全く掲載されていません。

ただ、園田博之議員の訃報の記事の中に、葬儀や告別式は近親者のみで行う予定で喪主は息子の哲也さんと娘の桂子さん、と子供のお名前が載っていました。

息子や娘、妻についての詳しい情報はこのくらいしか判明していないようです。

ただ父親が国会議員ということは、息子や娘も何かしら政治に関わっている可能性も否定できないですよね。

また、園田博之議員の資産についてもわかっていませんが、上の経歴をご覧いただいてお分かりの通り、1986年から国会議員となり、政治の中でかなり重要な立場にもあったようです。

また「影のキーマン」と言われていたほど、人脈も広かったようですね。

政治においてかなり重要な役割を果たしていた園田博之議員ですから、おそらく資産も相当なものと思われます。

園田博之議員の妻、息子、娘や資産なについてわかり次第、こちらで追記していこうと思います。

園田博之の評判は?

と、このようにツイッターやネット上でも園田博之議員の訃報が話題になっていました。

ご冥福をお祈りされる声と、やはり生前の政治資金規正法違反の評判などが取り上げられていました。

まとめ

今回は「園田博之息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産や若い頃は?評判も」と題しまして、園田博之議員の息子と娘・妻や現在の顔画像と経歴・資産はどうなのか?若い頃と評判も調査!という事についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

以前、村山内閣の官房副長官や新党さきがけの代表、そして自民党政調会長代理など、重要なポストを任されていた園田博之衆院議員がお亡くなりになりました。

11月11日に東京都内の病院でお亡くなりになり、肺炎が原因のようです。

葬儀や告別式は近親者のみで行う予定とのことです。

平成の政界再編で「影のキーマン」と言われていたほどの実力の持ち主だった園田博之議員。

人脈もかなり幅広かったようですし、政治の世界ではかなり影響力のあった方だったようです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

園田博之議員について何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います。

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です