元宝塚 八千草薫さんが死去 本名や死因は?夫の谷口千吉さんと不倫略奪婚?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

元宝塚で女優・八千草薫さんの訃報が入ってきました。

八千草さんは、24日、午前7時45分に都内の病院で亡くなっていました。

享年88歳です。

八千草さんは、2017年春に乳がんが発見されて闘病が始まりましたが、病を伏せて仕事を続けていました。

18年1月にはすい臓がんで全摘手術を受けましたが、転移が見つかり今年2月に肝臓がんであることを公表。

療養に専念し、仕事復帰を目指していただけに、大変残念でなりません。

八千草さんの遺志に沿ってこの日、少数の親しい関係者が集まる中、荼毘に付されました。

また、本人の希望により、お別れの会も開かれないということです。

そこで今回は「元宝塚 八千草薫さんが死去 本名や死因は?夫の谷口千吉さんと不倫略奪婚?」と題しまして、八千草薫さんの本名や死因、病名について、さらに映画監督で夫の谷口千吉さんとの不倫略奪婚について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

八千草薫さんの本名や死因は?

関係者の話によると、八千草さんは、亡くなる約2時間前まで意識はしっかりしていたそうです。

しかし、24日の早朝に容体が急変し、帰らぬ人となりました。

また、がんの宣告を受けた際には、動揺も見せずに冷静で病状も細かく理解したと言います。

死因は、すい臓がんです。

八千草さんの芸能人生は荒れ果てた戦後、華やかな宝塚歌劇の舞台で始まりました。

清純でかれんな娘役として注目され、劇団に籍を置きながら、1954年に『宮本武蔵』で映画デビュー。

56年『乱菊物語』で夫の故・谷口千吉監督と出会い結婚。

八千草さんの本名は谷口瞳さんといいます。

惜しまれながら宝塚を退団しましたが、八千草さんの魅力は舞台にドラマに引っ張りだことなり、大女優の座を射止めました。

夫の谷口千吉さんとは不倫の末の略奪婚?

八千草さんの最愛の夫・谷口千吉さんは2007年にお亡くなりになりました。

2人が出会った当時、谷口監督は2度目の妻で女優・若山セツ子さんと婚姻関係にあったと言います。

ちなみに若山さんは85年5月に55歳の若さでこの世を去っています。

八千草さんと出会う以前には、女性への奔放さから業界から干されていたそうです。

そしてその後、撮影で出会った八千草さんと谷口監督は、不倫関係に陥り、56年に若山さんと離婚。

周囲から猛反対の中、57年に事実上の略奪婚となったのです。

当時、不倫がご法度だった時代背景もあり、後ろ指を刺され続けた八千草さんでしたが、日が経つに連れ世間は忘れていったのでしょう。

しかし、夫婦の間には子供が存在しませんでした。

一説には、谷口さんが若い頃に感染した”マラリア”が原因とされています。

可憐で清楚な雰囲気の八千草さんだけに非常にビックリな過去ですが、女性にだらしのなかった谷口監督を生涯ともに生き抜いたことから八千草さんの人柄が目に浮かびます。

まとめ

今回は、「元宝塚 八千草薫さんが死去 本名や死因は?夫の谷口千吉さんと不倫略奪婚?」と題しまして、八千草薫さんの本名や死因、病名について、さらに映画監督で夫の谷口千吉さんとの不倫略奪婚について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

テレビドラマ「岸辺のアルバム」をはじめ、映画、舞台と幅広く活躍した国民的女優の八千草さん。

生涯、女優として生きた証は、数えきれないほどの作品に残されています。

八千草さんのご冥福をお祈り致し、ここまでとさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です