阿部慎之助が引退試合で通算406号本塁打!長嶋茂雄も観戦、再び沢村を殴打?

スポンサーリンク


こんばんは、リエコです。

今季限りでの現役引退を表明した巨人・阿部慎之助捕手が27日、本拠地最終戦となるDeNA戦(東京ドーム)で引退試合に臨んでいます。

なんと阿部選手、先程4回の第2打席で劇的な7号本塁打を放ったのです。

1点を追う4回1死で、育成出身の高卒2年目、中川虎選手のカウント2-1からの146キロを完璧にとらえ、打席は右翼席中段へ吸い込まれていきました。

観客は、阿部の背番号である10番のユニフォームが目立つ中、で総立ちで拍手を送る中、阿部選手は笑顔でゆっくりとダイヤモンドを回りました。

引退試合で放った通算406本目の劇的な一発は、歴史に刻まれる打席へと変わりました。

そこで今回は「阿部慎之助が引退試合で本塁打!長嶋茂雄も観戦、再び沢村を殴打?」と題しまして、今季限りでユニフォームを脱ぐ阿部慎之助が引退試合で通算406号の本塁打を放ち、当時の指揮官・長嶋茂雄名誉終身監督も観戦する中、再び阿部が沢村を殴打したのかという経緯について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

阿部慎之助が引退試合で本塁打を放つ!長嶋名誉終身監督も観戦

阿部選手が本塁打を放った直前には、阿部選手から主将を受け継いだ坂本勇選手が惜別弾を放っていました。

4回先頭で打席に立ち、中川投手の144キロを左翼席中段へ節目の40号ソロをスタンドへ放った矢先でした。

坂本選手の40本塁打は、巨人の生え抜き右打者では1968年の記録である、長嶋茂雄名誉終身会長を抜いて球団最多記録を更新されました!

尊敬する阿部選手への惜別弾が、逆に阿部選手の闘志に火を付けたようですね。

阿部選手は、捕手としての1軍公式戦出場は2015年6月6日のソフトバンク戦以来、実に1574日ぶりです。

この試合に「4番・捕手」で先発出場し、当時の指揮官・長嶋監督も阿部選手の選手としての最後の雄姿を観戦しに東京ドームを訪れていました。

阿部選手の引退について、長嶋監督は球団を通じ「19年間、これだけの足跡を残し、期待に応えてくれたことに対し、まずは敬意を表したい」と最大限の賛辞を贈り、「阿部君には、ぜひとも伝えたいことがある。それは、まだ、これから大きな、大きな仕事が待ち受けているということだ。後進を指導し、再びジャイアンツのために貢献するという責務がある」と、大きな期待を寄せていました。

長嶋監督を「神様以上の存在」と尊敬していた阿部選手。

そんな長嶋監督が直々に阿部選手の活躍を観戦し、最後に大きな務めを果たした結果に球団を通じて阿部選手の雄姿を称えました。

「久しぶりのドームだったけれど、やっぱり現場はいいね。ワクワクしたよ。試合前だというのに、入口には原監督と阿部くんまで迎えに来てくれて、本当に驚いた。まさにサプライズだよ。感動したよ。思わず2人をぎゅっと引き寄せて、抱きしめてしまった。スタンドの雰囲気もいつもと違うのはすぐに分かった。ただそんな試合でホームランを打ってしまう阿部くんは、やっぱり大したものだよ。(強運を)持ってるな」

ミスター、ご満悦ですね♪

阿部慎之助が再び沢村を殴打?

2回からは中大の後輩でもある沢村投手が登板。

阿部選手もマスクをかぶったまま投球練習を受け、初球を投げる前に沢村がマウンドを外すと、なんと阿部がすかさずマウンドへ…。

12年の日本シリーズでサインを見落とした沢村投手の頭をポカリとたたいた場面の再現かと思われましたが、叩くふりをしたあと、笑顔で握手を交わしました。

その直後に阿部が一塁へ回り、一塁の大城が捕手へと守備位置が変更となりました。

まとめ

今回は「阿部慎之助が引退試合で本塁打!長嶋茂雄も観戦、再び沢村を殴打?」と題しまして、今季限りでユニフォームを脱ぐ阿部慎之助が引退試合で通算406号の本塁打を放ち、当時の指揮官・長嶋茂雄名誉終身監督も観戦する中、再び阿部が沢村を殴打したのかという経緯について追ってみましたがいかがでしたでしょうか。

阿部選手のフィナーレは8回、一度一塁の守備に就きましたが、原辰徳監督が交代を告げてベンチへ。

ナインが出迎え、原監督とも握手した阿部選手に、対戦相手のDeNAナインも三塁ベンチ前に整列して拍手を送りました。

スタンドからは割れんばかりの大歓声が沸き起こり、間もなく試合終了を迎えます。

勝利を収めて欲しいジャイアンツですが、結果はいかに!!

それでは、ここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です