勝俣恒久の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収!ドバイに移住?

スポンサーリンク

こんにちは、リエコです!

2018年10月30日、東京電力の勝俣恒久(かつまたつねひさ)元会長の公判が行われました。

2011年東日本大震災における福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われています。

勝俣恒久元会長は「福島県に大津波は来ないと聞いていた」と主張しているそうですが。。。

これだけの被害をもたらした福島第一原発事故、問題意識はなかったという勝俣恒久元会長の主張を世の中の方はどう感じるでしょうか?

勝俣恒久元会長とは一体どんな人物なのか調べてみました。

そこで今回「勝俣恒久の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収!ドバイに移住?」と題しまして、勝俣恒久元会長の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収はどうなのか?ドバイに移住との噂は?という事について迫ってみました。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

勝俣恒久の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収は?

こちらが東電の勝俣恒久元会長の顔画像です。

勝俣恒久元会長は東京電力の経営トップに君臨し「カミソリ勝俣」とまで呼ばれていたほどの実力だったようです。

改めて、勝俣恒久元会長とはどういう人物なのか調査してみました。

まず勝俣恒久元会長のプロフィールや経歴についてです。

名前:勝俣恒久元  (かつまたつねひさ)

生年月日:1940年3月29日

年齢:78歳

出身地:東京都

職業:実業家 東京電力第10代代表取締役社長

出身中学:世田谷区立太子堂中学校

出身高校:東京都立新宿高等学校

学歴:東京大学経済学部卒業

勝俣恒久元会長は東京大学を卒業後、東京電力に入社し企画部に配属。

そこから経営陣まで登りつめて、2002年10月に社長に就任しました。

2008年6月には東京電力会長に就任。

そして2011年3月に東日本大震災、福島第一原発事故。

勝俣恒久元会長の家族について判明しているのは娘さんのこと。

なんと勝俣恒久元会長の娘は福島第一原発事故当時の社長、清水正孝さんの妻だということなのです。

この結婚にいろんな思惑がありそうですね。

その他妻や他の子供については何も判明していません。

そして勝俣恒久元会長の父は、代々木ゼミナールの創設者である勝俣久作さんとのこと。

勝俣恒久元会長は五人兄弟ですが、兄弟それぞれがものすごい経歴の持ち主らしいです!

勝俣恒久元会長の年収については公表されていませんが、会長当時はおそらく億単位の年収があったのでは?と思います。

何しろ東京電力の会長ですから。

この他の詳しいことが分かり次第こちらで追記していきます。

勝俣恒久はドバイに移住?

と、このようにツイッターやネット上では、勝俣恒久元会長がドバイに移住したという噂です。

実際にウィキペディアでも自宅は「アラブ首長国連邦のドバイ」となっています。

本当かどうか定かではありませんが、勝俣恒久元会長は福島第一原発事故の後放射線の被害を恐れて家族を連れてドバイへ移住したとか。。。

真相はわかりませんが、少なくとも現在の自宅はドバイになっているようでした。

勝俣恒久元会長について、詳しいことが分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

今回は「勝俣恒久の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収!ドバイに移住?」と題しまして、勝俣恒久元会長の娘や妻・家族と自宅や経歴・学歴や年収はどうなのか?ドバイに移住との噂は?という事について迫ってみましたが、いかがだったでしょうか?

2018年10月30日、東京電力元会長勝俣恒久被告の公判が行われました。

2011年東日本大震災における福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われています。

勝俣恒久元会長は「福島県に大津波は来ないと聞いていた」と主張しているそうですが。。。

これだけの被害をもたらした福島第一原発事故、問題意識はなかったという勝俣恒久元会長の主張を世の中の方はどう感じるでしょうか?

勝俣恒久元会長についてもう少し詳しい情報が分かり次第、追記していきたいと思います。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です