室井佑月の再婚相手は出会い系で買春?元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫でデキ婚?

スポンサーリンク


こんばんは、リエコです。

室井佑月さんが再婚を発表しましたね。

おめでとうございます。

お相手は、元新潟県知事の米山隆一氏です。

米山氏といわれてもあまりピンと来ないでしょうが、実はあることで数年前に世間を騒がせた人物です。

そこで今回は「室井佑月の再婚相手は出会い系で買春?元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫でデキ婚?」と題しまして、再婚する室井佑月の相手が起こした買春騒動について、さらに元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫とデキ婚の経緯についても追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

再婚する室井佑月の相手が起こした買春騒動とは

一部報道を受けた、米山氏は9日夜、ツイッターで「新型コロナの事がありますので余り大事にしない様にと思いご報告を控えておりましたが報道されている通り室井佑月さんと近日中に入籍の予定です」と報告し、報道される前に発表をしました。

また、室井さんの所属事務所も日本テレビの取材に、再婚することを認めたといいます。

室井さんは10日に更新した自身のツイッターで、「今、コロナで辛い思いをされている人がいるから、世の中がもう少し落ち着いてからお知らせしようと思ってたんだ。黙っててごめん」「年齢考え、こういうの恥ずかしくて躊躇いがあった。ま、悪いことで載ったんじゃないから、いいね!」とコメントしました。

さて、夫となる米山氏ですが、東京大学卒業後、弁護士資格を取得し、2016年に新潟県知事に就任。

エリート街道まっしぐらですが、知事時代の18年4月、出会い系サイトで知り合った20代の女子大生に金品を渡して交際(売春行為)を『週刊文春』に報じられたのをきっかけで、辞職に追い込まれています。

会見では額から大粒の汗を流し、決死に釈明するする印象が強く残っています。

米山氏は現在まで独身貴族を貫いていましたが、若い娘が好きだったというわけではないようですね。

元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫でデキ婚?

室井さんは今回の結婚は2度目となり、20歳になる長男がの母であります。

波乱万丈に満ちた室井さんの生きざまは多くの人が知っていることですが、1999年に作家の高橋源一郎さんと1度目の結婚をしています。

わずか2年ほどの結婚生活でしたが、その間に長男を授かっています。

出会いは、いうまでもなく不倫です。

前妻から略奪を果たした室井さんのお腹には新しい命が宿っていたのです。

いわゆる「できちゃった」です。

ところが、出産後に高橋さんの浮気が発覚し、離婚を決意したといいます。

ちなみに高橋さんはこれまで5回の結婚を経験している強者です。

まとめ

今回は「室井佑月の再婚相手は出会い系で買春?元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫でデキ婚?」と題しまして、再婚する室井佑月の相手が起こした買春騒動について、さらに元旦那(夫)の高橋源一郎とは略奪不倫とデキ婚の経緯についても追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

室井さんは大病を患い、現在も療養しながら病と闘っています。

今度こそ幸せになってほしいと願います。

それではここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です