羽賀研二が実刑!元妻に財産を取られ彼氏と再婚へ?住居や小学校は?

スポンサーリンク


こんにちは、リエコです。

羽賀研二さんが裁判で実刑判決を言い渡され、再び刑務所へ収監される運びとなりました。

かつては数々の女性と浮名を流し、故・梅宮辰夫さんの愛娘、梅宮アンナさんとカップルだった当時は「ペアヌード」を出すなどメディアに露出、浮気をしても「誠意大将軍」などと、一躍時の人として人気を博していました。

アンナさんとの破局後には、別の女性と結婚し、メディアからすっかり姿を消しては宝石販売などで手広く事業に専念していました。

ところが、2007年に恐喝と詐欺の罪で懲役6年の刑を受け、今度は「稀代のワル」として世間の注目を浴びたのです。

そこで今回は「羽賀研二が実刑!元妻に財産を取られ彼氏と再婚へ?住居や小学校は?」と題しまして、羽賀研二の実刑確定で元妻が彼氏との再婚についてや現在の住居や子供の小学校について追ってみました。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

羽賀研二が実刑!元妻に財産を取られ彼氏と再婚へ?

沖縄刑務所に服役していた羽賀さんは、詐欺の被害者に民事でも訴えられ、3億9000万円の支払いを命じられました。

ところが、2017年に所有していた沖縄の不動産を「協議離婚」した元妻に譲渡したのですが、この協議離婚が差し押さえを避ける“財産隠し”の「虚偽離婚」だとして、獄中で再逮捕され、さらに懲役2年を求刑されたわけです。

そして羽賀さんは、2019年1月に出所し、保釈の身で1年以上を過ごしていたといいます。

獄中生活については、「刑務所では、芸能人だったこともあってずっと4畳半一間の独房生活でした…あからさまに嫌がらせをしてくるオヤジ(刑務官の俗称)もいました…ドブさらいやトイレ掃除ばかりを命じられ…手袋もなしにスコップで下水溝の掃除をするんですが…他の受刑者がやることはなかった」などと嫌がらせを受けていたことを『週刊新潮』でカミングアウトしています。

そして沖縄刑務所を出所後は、1泊1700円の民宿で仮住まいの生活を続けていました。

羽賀さんは、妻と「虚偽離婚」をしたことで、罪に問われていましたが、裁判が始まると元妻が法廷で「本当に離婚するつもりで籍を抜きました…他の男性と恋愛していて、その人と結婚を考えた」と証言したのです。

まさかの「恋人宣言」に羽賀さんは面食らってしまったようです。

元妻と彼氏は、羽賀さんが保釈された後に付き合い、再婚も視野に入れているようです。

羽賀研二の元妻の住居や子供の小学校は?

羽賀さんの元妻は、沖縄県内に定住しているようですが、2人の娘とともに元妻の彼氏と同棲しているようです。

残念ながら、居住先や子供たちの小学校までは不明でしたが、莫大な資産を持って第2の人生を歩み始めたのでしょう。

それにしても、「稀代のワル」がしてやられたという結末が何とも言いようがありませんね。

ある意味、羽賀さんの出所後が怖いですが…。

元妻もかなりのヤリ手と言えるでしょう。

まとめ

今回は「羽賀研二が実刑!元妻に財産を取られ彼氏と再婚へ?住居や小学校は?」と題しまして、羽賀研二の実刑確定で元妻が彼氏との再婚についてや現在の住居や子供の小学校について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

財産のみならず、9歳と7歳の娘まで奪われ、人生も終わったようなものですね。

それではここまでにさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です