中華トントンのびっくり餃子がジャンボで話題!持ち帰りは冷凍なの?

スポンサーリンク

こんにちは!リエコです。

今回は栃木県宇都宮市にあるとってもビッグサイズなジャンボ餃子が話題の「中華トントン」についてご紹介していこうと思います。

栃木県民でこのお店を知っている人ならば、中華トントンに行こうよ~と言うのではなく、「びっくり餃子を食べに行こうよ~」と言ってしまうほど、お店の名前よりも餃子名の方が有名だったりします(笑)

お店の看板にも中華トントンと同じくらい、でかでかとびっくり餃子と書いてあるんですよね!

いろんなところでの宇都宮の餃子ランキングの中で、有名な正嗣(まさし)やみんみんとともに、いつも載っている大人気店です!

そんな中華トントンについて、今回はご紹介させて頂きますね。

中華トントンのびっくり餃子がジャンボで話題!

なぜ私が今回中華トントンをおすすめするのかというと…。

それは、名前の通りびっくり餃子(450円5個入り)がジャンボで食べ応えがあり、超美味しいからなんです!

中華トントンのびっくり餃子は、通常の宇都宮餃子の3倍くらいはあると思います(笑)

もともと宇都宮餃子って小ぶりな感じですが、3倍くらいとなると本当に大きいですよ!

まさにジャンボです(笑)

でもジャンボなだけで、味はどうなんだろう?と思うあなた!

心配しなくても大丈夫です!

びっくり餃子はお肉よりもお野菜の存在感がハンパないかんじで、しっかりと味付けしてある極上の餃子ですよ!

ただ本当にお野菜の方が多い感じがするので、お肉たっぷりの餃子がお好みの方にはもしかして好みが分かれるかもしれませんね。

そして、びっくり餃子よりもさらにビッグサイズなのがその名も「ジャンボびっくり餃子」(650円5個入り)!

とっても分かりやすい名前で好感が持てますよね(笑)

ジャンボでビックリという事ですからね!

ジャンボびっくり餃子のサイズを何かに例えるならば、よくラーメン屋さんにおいてあるギャバンのコショウと同じくらいかんじと言えばイメージがわきやすいかもしれません。

ギャバンのコショウって、けっこう大きくないですか?

あのサイズの餃子ですから、まさにジャンボでビックリ(笑)

以前ご紹介した正嗣(まさし)やみんみんは餃子専門店で、正嗣(まさし)は餃子のみ、みんみんは餃子とライスもありというメニューでした。

ですが中華トントンは、餃子専門店ではなく中華料理店なんですよね。

ですからメニューにはラーメン、タンメン、チャーシューメン、チャーハン、野菜炒めなどいろいろとあるのでいろんなものを食べたい時にはおすすめですよ。

中華トントンのびっくり餃子はお持ち帰りできる?それって冷凍?

栃木県民は餃子をお店でももちろん食べますが、けっこう冷凍タイプをお持ち帰りとして買い込んでおいて、自宅で焼いて食べるという方も多いんですよ!

実際、我が家の冷凍庫にもしょっちゅう正嗣(まさし)の冷凍餃子が箱でストックしてあります!

宇都宮へ旅行や出張で来られた方なんかも、家族へのお土産と言えばやっぱり「餃子」ですよね!

そこで中華トントンの「びっくり餃子」のお持ち帰り(400円5個入り)はどうなの?というと、焼き餃子、生餃子、冷凍餃子とお好みで選べます。

ですが、びっくり餃子は一般的な餃子と違って、かなり大きめなので自分で上手に焼くためにはコツがいると思います!

近くの方だったら焼き餃子をそのままお持ち帰りすることをおすすめしますね!

正嗣(まさし)やみんみんの餃子であれば小ぶりなので、冷凍タイプでお持ち帰りしても結構上手に焼けるんですけどね!

そしてさらに大きいジャンボびっくり餃子も、もちろん冷凍でお持ち帰り(550円5個入り)できますが、焼くのは至難の業だと思いますよ(笑)

まとめ

今回は私がおすすめする宇都宮のジャンボな餃子で大人気の「中華トントン」とその看板メニューであるびっくり餃子についてご紹介しました。

びっくり餃子とジャンボびっくり餃子、初めて食べる人はその大きさに驚くこと間違いなしです!

そして中華トントンでは、びっくり餃子も冷凍や焼き、生タイプでお持ち帰りする事ができ、さらには野菜炒めやチャーハンもお持ち帰り可能!

お店の中に入らなくても、お持ち帰り専用の受付が外にあるので、店内で食べる人の長い行列に並ぶこともなくて楽チンですよ♪

それでは今回はここまでにしたいと思います。

最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました!

また次回の栃木うっとりグルメでお会いしましょう!

さようなら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です